日本産ダニ類目録(2018年2月版) 体系について

担当: 島野智之(法政大学自然科学センター/国際文化学部)

 日本語の図鑑や多くの教科書は,ダニ類を単系統として扱い,ダニ目を7つの亜目 [アシナガダニ亜目* Opilioacarida (=Notostigmata),カタダニ亜目* Holothyrida,マダニ亜目 Ixodida,トゲダニ亜目 Gamasida (=Mesostigmata),ケダニ亜目Prostigmata (=Actinedida) ,ササラダニ亜目 Oribatida,コナダニ亜目 Astigmata (=Acaridida)] で説明してきた(江原,1966, 1980, 2000; Krantz, 1978; Evans, 1992; 島野, 2016)(*日本未記録).

 しかしながら,近年のダニ類の体系では,ダニ亜綱 Acariは,現在,胸穴上目 superorder Parasitiformesと,胸板上目 superorder Acariformesに分けられている(Krantz and Walter, 2009).むしろ,分子系統学的立場からダニ類Acariという分類単位を採用しない文献が一般的になってきた(Zhang, 2013; Ruggiero et al., 2015; Brusca et al., 2016).

 さて,胸穴上目Parasitiformesには,アシナガダニ目Opilioacarida* ,カタダニ目 Holothyrida*,マダニ目Ixodida,トゲダニ目Mesostigmataが所属する.

 また,胸板上目 Acariformesには,ケダニ目Trombidiformes,ササラダニ目Sarcoptiformesが所属する.ケダニ目Trombidiformes(広義のケダニ類とする:Dabert et al., 2010など)には,さらに,クシゲチビダニ亜目Sphaerolichidaと,ケダニ亜目 Prostigmata(狭義のケダニ類とする)が所属し,ササラダニ目Sarcoptiformesには,ニセササラダニ亜目 Endeostigmata,ササラダニ亜目 Oribatida,コナダニ団 Astigmatina (Astigmata)が所属する(Krantz, and Walter, 2009; 安部ほか,2009; Zhang, 2013など).

 本目録では,馴染みのある以前の7亜目のうち,日本から記録のある5つの分類群を,「〜類」として扱う.

引用文献

安倍 弘・青木淳一・後藤哲雄・黒佐和義・岡部貴美子・芝 実・島野智之・高久 元(2009)ダニ亜綱の高次分類群に対する和名の提案. 日本ダニ学会誌, 18: 99–104.
Brusca R. C., W. Moore, S. M. Shuster (eds.) (2016) Invertebrates. Sinauer Associates Inc, Massachusetts.
Dabert, M., W. Witalinski, A. Kazmierski, Z. Olszanowski and J. Dabert (2010) Molecular phylogeny of acariform mites (Acari, Arachnida): Strong conflict between phylogenetic signal and long-branch attraction artifacts. Molecular Phylogenetics and Evolution, 56: 222–241.
江原昭三(2000)節足動物 クモ形類・ダニ類. In: 動物系統分類学 追補版(山田真弓 監), pp. 214–220, 中山書店, 東京.
江原昭三(1966) 第4目 ダニ類(Acarina)In: 動物系統分類学〈第7巻 中 A〉節足動物 (内田 亨 監) , pp. 139–194, 中山書店, 東京
江原昭三(1980)ダニ類概説.In: 日本ダニ類図鑑 (江原昭三 編), pp. 491–510, 全国農村教育協会, 東京.
Evans, G. O. (1992) Principle of Acarology. CAB International, Cambridge.
Krantz, G. W. (1978) A Manual of Acarology. 2nd ed. Oregon State University Book Stores, Corvallis, Oregon.
Krantz, G. W. and D. E. Walter (eds.) (2009) A manual of Acarology. 3rd ed. Texas Tech University Press, Texas.
Ruggiero, M. A., D. P. Gordon, T. M. Orrell, N. Bailly, T. Bourgoin, R. C. Brusca, T. Cavalier-Smith, M. D. Guiry and P. M. Kirk (2015) A Higher level classification of all living organisms. PLoS ONE, 10: e0119248.
島野智之(2016)ダニ類の近年の高次分類体系と衛生ダニ類の分類学的位置.In: 衛生動物学の進歩 第2集(松岡裕之 編), pp. 217–223, 三重大学出版会,津.
Zhang, Z.-Q. (2013) Phylum Arthropoda. Zootaxa, 3703: 17–26.